目に優しい、省エネなどのメリットが在るのです

LEDは半導体に分類されているのをご存知?

LED照明に注目が集まっていますが、LEDと言うのは半導体に分類されるもの、発光体が光るダイオードの事をLEDと言います。電子部品にもLEDは存在しているのですが、これは意外な場所で使われていて気が付いていない人も多いのではないでしょうか。例えば、テレビの電源を入れると赤いランプが点き、スタンバイ状態の時には緑のランプになると言ったものは、2色LEDが使われているのです。そのため、LEDは古くから身の回りに∃していたと言う事ですね。

街灯の照明もいつの間にかLEDに

古い時代の街灯は白熱灯、現在はLEDの照明が主流になっていますが、白熱灯の時代の中には現在のように自動点灯・自動消灯ではなく電柱にスイッチが付いていて、電柱の前の家の人などが薄暗くなるとスイッチを入れて街灯を照らしていた時代も在ります。今ではセンサーが付いているので、センサーが働くと照明を点灯させ、夜明けとなってあたりが明るくなると消灯すると言った便利な時代です。また、LEDを使う事で節電効果もあれば、より明るい状態にしてくれるなどのメリットも在りますね。

LED照明は白熱灯と違い熱の放出が少ないのです

白熱灯を使っていた時、スイッチを入れた瞬間パチっと言う音とともに球切れになったと言う経験を持つ人は多いのではないでしょうか。球切れになって白熱灯を交換しようとした時、長時間点灯していた場合には素手では掴むことが出来ないほどの熱を放出しています。その点、LED照明は熱の放出量が白熱灯と比べると少ないため、多少の熱さはあるものの、素手で掴むことが出来ないほどではないのです。そのため、LEDは省エネだけではなく熱の放出量も少ないなどのメリットも在ると言う事ですね。

LEDライトパネルのメリットには、寿命が長いこと、多種な色により夜間時に効果的な宣伝が可能であるということがあります。